どんなことでもコツがある!小顔になれるシャンプーのコツ!

こんにちは!西宮・甲子園口のエピュールのスパニストあっきーことカワノアキヨシです!

さて、今日は週一のストレッチの日でした!

今日の担当は愉快なトークで楽しませてくれるFインストラクター
今日はかなり責められました!!!
いやー、痛かったっス。

「川野さん!だいぶ柔らかくなってますよー!はっはっはー」
って言いながらふくらはぎを揉み潰すのはやめてください。
そして
「あれ?かなり痛いはずやのに普通に喋ってんなぁ、我慢強いっスねー」
って言いながら股裂をするのも勘弁してください。
サイコパスかほんま(笑)
でも、それが目的やからしゃあない!!!
痛みに耐えて頑張ります。。。

ってな感じで今日もFインストラクターとゲスい話しの40分間を過ごしました。
同年代の男子が密室で過ごすとロクな話ししません(笑)

で、今日も最後にありがたーいご指導を頂きました。
どうも、僕は左足が固いようでして、ほぐれてきた分ちょっと左右差が大きくなってきているみたいです。
「川野さん、左足に重心偏ってませんか?」
と、思いっきり図星な診断が!!
さすがプロです!!で、どうしたら良いの?ってことで聞きました。
キーワードは「母子球」だそうです。
「母子球」とはココ

この母子球を意識して立ちながら、かつ背筋を伸ばすと内転筋(内もも)が使われて、それとともに腹筋も効率的に使えるようになるそうです。
ほんと体って理論的に使うと素晴らしく効率的に作用するように出来てます。素晴らしい!

で、美容でコツと言えば毎日のシャンプーで使えるコツがあります。
これは、たるみを防いだり小顔効果も期待できるコツです。
ある意味では注意点と言っても良いのかもしれません。
しかも、とーっても簡単!
それは、シャンプーとシャワーのお湯の流し方です。
写真に矢印をつけてみました。


この写真のように前頭部は「おでこからつむじ」側頭部と後頭部は「つむじから首筋」を意識してシャンプーをすること。なおかつシャワーの流水もこの流れでかけてあげること!
まあ、当然と言えば当然なんですけど頭皮を顔側に引っ張ると顔がたるみます。そしてリンパの流れ的にも頭頂部、首、耳下を通って鎖骨にかけて流してあげると老廃物が流れやすくなり、むくみが取れやすかったりもします。
と、言うことは必然的にシャワー流す時は上向きでおでこの生え際から流す事が大事です!
そう、シャンプーのCMの様に!
で、最終的にこの写真のように

矢印にそって鎖骨方向に流してあげるとグッド!しかも力はそれほどいりません。注意点としては逆に流さない事です。
このあたりは図解ではなかなかわからない部分もあるのであくまで近似値としてですが、おでこから頭頂部に向かってと言うのを意識すれば大体大丈夫です。それだけでも逆にやることに比べればはるかにマシです!

ちょっとしたコツや意識で体って結構変わってくれます。
みなさんも是非シャンプーの時に意識してやってみてくださいねー!!!

ってことで今日はこの辺で!
スパニストあっきーことカワノアキヨシがお送りいたしました!

The following two tabs change content below.
スパニストブロガーあっきー

スパニストブロガーあっきー

大阪在住・兵庫勤務のスパニスト 2017年より髪を切るのをやめた代わりにブロガーになりました。 SNS販促初心者向けのブログ情報・気になる美容トピック・美容師の働き方について発信中!SNSはTwitterとFacebookが主なフィールド。DMはお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください