バランス取りをし過ぎないお店作り

こんにちは、スパニストあっきーことカワノアキヨシです。

まだ大々的には発表しておりませんが今年中に店内の改装を行う予定です。
その中でどんな改装にするか、システムをどう変えるかなど現在思案中なのですが、今まで色々と考えた中でいくつか気付いたことがあります。

物事のバランスを取りすぎると弊害が出る

僕の言うバランスを取りすぎるというのは色々な物事を全て良くしようとするという事です。
例えばお店作りにおいて、高品質、低価格、サービス、おもてなし全てにおいて満足してもらう。老若男女問わず全てのお客様に喜んでいただく。と、いう目標を掲げたとします。一見とても良いことの様に感じますが、このような運営をした場合オーバーワークになり、まず疲弊するのはスタッフです。また、お客様の層にまとまりが無く没個性的なお店となり、結局のところ価格競争に巻き込まれてしまう可能性もあります。みなさんに対して良いということは最終的に「なんでも良い」「どうでもいい」に繋がって行くのでは無いかと思いました。

身をもって体験した

上記の様な感想を持ったのはやはり実体験に基づきます。美容師として働き始めた当初は僕自身も高品質、低価格、高サービスを目指していました。しかしながら、利益を出す為にはやはり客数を上げなければならず、朝から夜まで働きづめでようやく利益が出る様なワークスタイルでした。そうなるとやはり、お客様へのサービスが思うように出来なくなります。美容室が作業場へと変わり、おもてなしも出来ません。また、色々なサービスや商品のご紹介なども出来ず、ただカットするだけ、カラーするだけ、パーマをかけるだけの施設になってしまっていました。

特化型サロンへの思考転換

上記の様なことから、何かに特化したサロン作り、何かの悩みに応える事が出来る、そんなサロンを作っていかなければいけないと思うようになりました。「誰でも良い」から、「あなたに来て欲しい」と限定出来るサロンを目指したいと思いました。そうする事でよりパーソナルにお客様と向き合う事が出来ると思っています。

バランスを取らない運営をしていく

今後、僕のお店では改革をして行くことになると思いますが、その中であれも、これも、とバランスを取らない運営をしていきたいと思っています。一部のお客様にはご迷惑をかけることになるかも知れませんが、お店を良い方向に成長させてお客様に喜んでいただくために必要な改革だと思っています。

僕は2017年から個人的にもバランスを取り過ぎない人生計画を目指すようになりました。自分が何をしたいのか、自分はどこに向かっているのかを良く考えるようになりました。

お店作りに関してもそれを踏襲して、どこに向かってお店を成長させるのかを見つめ直し、お客様に信頼され、喜んでいただけるお店を目指して行こうと思います。

The following two tabs change content below.
スパニストブロガーあっきー

スパニストブロガーあっきー

大阪在住・兵庫勤務のスパニスト 2017年より髪を切るのをやめた代わりにブロガーになりました。 SNS販促初心者向けのブログ情報・気になる美容トピック・美容師の働き方について発信中!SNSはTwitterとFacebookが主なフィールド。DMはお気軽に。