僕が考える美容師にとって必要な3つの要素

皆さんにとって仕事をする上で必要なことはなんでしょうか?

営業職の方は営業力?

研究者なら探究心?

工業なら技術力?

職種によって必要とされる事はさまざまですが僕の働いている美容業界においては

「技術」

「ノウハウ」

「マーケティング」

だと思っています。

でも僕が美容業界に入って最初に言われたのが

 

 

 

「技術さえあれば一生食っていける」

 

 

 

技術があったら他は何にもしなくても食べていけるくらいの言い方で教えられたのです。

でも今思う返すと、当時必要だったのは

「必要最低限の技術」と「可愛い髪型の作り方」と「マーケティング力」でした。

技術さえあれば食っていける


僕は17歳からかれこれ15年以上技術職をしています。

17歳から21歳にかけては実家が営んでいた機械製造の工場で勤務しており、それこそ技術力がものを言う世界でした。

美容師になりたての時

「技術さえあれば一生食っていける」

と言われたのですが技術力が全てだった世界からの転身だったのでそれはすんなりと受け入れられるものでした。

僕にとっては「技術」さえあれば食っていけると言われてある意味で安堵しました。

なぜなら、練習をして技術さえ身につけたら儲けられるのであるなら頭使わないで良いですからね。

さらに、機械製造をしていた時は4年間で技術をある程度マスターしていたのでちょっと頑張れば一人前になれると思っていたのです

「技術」・「ノウハウ」・「マーケティング」


技術さえやればいいと思っていた当時の僕はなかなか思うように行かない美容師の仕事に辛さしか感じていませんでした。

美容師になって数年はうまく行かない理由が分からずとてもしんどい思いをしていました。

そして、なぜうまく美容師の仕事ができないのかを考えるうちに

まず「ノウハウ」がない事に気づきました。

当時の職場はノウハウを聞いても

「お前にはまだ早い」って言われてたのでいらないものと思っていましたが

スタイルの作り方が全くわかっていなかったのです。

そしてさらに気づいたのです。

技術=売り上げアップには繋がらない。

可愛い髪型を作る為の「ノウハウ」と「技術」そしてそれを宣伝する「マーケティング」が必要なだったのです。

「技術さえあれば一生食っていける」は大きな間違いでした。

もちろんベーシックな基本の髪型を作る為の最低限の技術は必ず必要です。

ハサミで切る、パーマを巻く、カラーを塗る、などの基本動作ができなければ美容師として話になりません。

そして卓越した技術を自分の持ち味として活躍されている美容師さんがおられることも重々承知ですが

僕にとって技術のみを追い求める事はさほど必要なことではなかったのです。

もし自分の後輩に美容師に必要なことを教えるとしたら


上記の言うことを踏まえて架空の後輩に「美容師に必要なものはなにか」ともし聞かれたら

「美容師に必要なのは基本的な技術力と可愛い髪型を作るノウハウ、そして先輩が何言ってるかわからなかったらYouTubeのハウツー動画見て、マーケティングの勉強をするんだ!!!」

と答えるでしょう。

間違っても「技術」だけで食っていけることなどありません。

可愛い髪型の「ノウハウ」が無いと需要がありません。

「技術」と「ノウハウ」があってもお知らせする「マーケティング」が出来ないと人気出ません。

ほんでもって技術とノウハウはYouTubeみたら大体載ってます。

これで大体生きていけるのでは無いかと思っています。

あとは経験ですからね。

多様性を極めるこの業界で…


最近では専門学校卒業後すぐにフリーランスになる美容師さんなんかも出てきてるみたいで、そんな人にとっては従来通りの技術史上主義のやり方では時間がいくらあってもたりないと思いますし、めちゃくちゃ効率が悪いです。

美容師の働き方も年々様変わりしています。

ひと昔前までは「スパニスト」なんてものも一般的では無かったですし。

なんせオーバーストアでどうやって顧客の確保するのかヒーヒー言ってる業界です。

そんな生き馬の目を抜く様な美容業界でこれだけやっていれば良いなんてものは無いような気がします。

複合的な能力と、柔軟な思考で、自分に本当に必要なものを見極める目を養っていくことが必要だとそう感じます。

The following two tabs change content below.
スパニストブロガーあっきー

スパニストブロガーあっきー

大阪在住・兵庫勤務のスパニスト 2017年より髪を切るのをやめた代わりにブロガーになりました。 SNS販促初心者向けのブログ情報・気になる美容トピック・美容師の働き方について発信中!SNSはTwitterとFacebookが主なフィールド。DMはお気軽に。