脳の老化はある物質が鍵を握っている

こんにちは、スパニストブロガーあっきーことカワノアキヨシです。

最近、ネットで「エイジング」に関する興味深い記事を見つけたのでご紹介します。

それは「脳の老化」をテーマにした記事で「脳の老化の原因」と対策が紹介されていました。

世界がエイジングに注目している


世界的にもさまざまな企業がアンチエイジングに関する研究を盛んに行なっていますが、日本においてもエイジングの研究や製品の開発は盛んに行われており、インナービューティしかり肌のエイジングしかり、さまざまな抗老化に関する製品が多数発売されています。

現在の日本の平均年齢が約46なので言ってみれば国民全体のミドルゾーンがエイジングに立ち向かっていく国であるという事です。

また、今後少子高齢化がさらに進むので日本という国はさらに若く、活発に動ける老後を目指していかなければならない、ということを考えるとさらに需要は高まっていく分野だと思います。

うちのお店でも成長因子と呼ばれる抗老化に有効な成分が配合された化粧品や育毛剤を販売していますが、非常に高価な価格帯でビジネス的にも非常に良い分野であると言えます。

変な話し、老いない人はいませんからね。

脳の老化について

話しをもどして、脳の老化についてですが記事中では脳の老化の原因について言及していました。

脳の老化の原因は「テロメア」という物質の長さが関係しています。

「テロメア」とは染色体のらせん構造がほどけないように端っこを留めているキャップのようなもの。

この「テロメア」の長さによって老化の具合が変わってくるそうで、年齢と共に短くなるのだそうです。

この「テロメア」が脳の老化に密接に関わっているというのです。

そしてこの「テロメア」の長さを決めているのが「テロメラーゼ」っていう酵素なのですが、アンチエイジング=「テロメラーゼ」を分泌させることと言っても過言ではなく、色々な健康法などは少なからず「テロメラーゼ」分泌を促しているそうです。

そして、さらにこの「テロメラーゼ」を効果的に分泌させる有効な方法があるというのです。

マインドフルネスが脳の老化を抑えるらしい


脳の老化に効果的ものは「マインドフルネス」いわゆる瞑想です。

なんか「〇〇を食べましょう」とか「睡眠時間は〇〇時間」とか「〇〇分以上のウォーキングで…」とかを期待していたので、正直肩透かしを食らった感じだったのですが、テロメラーゼを活性化させる程度なら1週間程度、続ければ続けるほど脳にとってさまざまなプラスの効果があるそうなのです。

日本には古来から禅の思想がありますがそれもマインドフルネスの一種であるそうです。

元を辿ればどちらも仏教に辿り着くそうなので方法としては同じということになりそうです。

ということは、禅僧の方はもしかしたら脳が若かったりするのでしょうか?(その辺りの研究誰かやってくれないかなぁ)

ということは、さらに考察すると日本には脳の老化を防ぐ術が昔からあったということになる。。。

とか考えているといつのまにか歴史ロマンの話になってしまいそうです。

日頃から瞑想みたいな気持ちを落ち着かせる様な時間がなかなか持てない現代人ではありますが、老化に対してアプローチするには「マインドフルネス」が1番!っていうことらしいですので、脳を老化させたくない、最近ボケてきたなぁ、物忘れ激しいという方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

最近はマインドフルネスイベントも各地で開催されているみたい(中には怪しいスピ系もあるので注意)なので、興味のある方は調べてみても良いかもしれませんね。

僕は…多分…やりませんけど……w

では!

The following two tabs change content below.
スパニストブロガーあっきー

スパニストブロガーあっきー

大阪在住・兵庫勤務のスパニスト 2017年より髪を切るのをやめた代わりにブロガーになりました。 SNS販促初心者向けのブログ情報・気になる美容トピック・美容師の働き方について発信中!SNSはTwitterとFacebookが主なフィールド。DMはお気軽に。