気に入ってるとこあるならそこ行く方が良いけど仕方ない時は…

こんにちは、スパニストあっきーことカワノアキヨシです。
美容室にせよなんにせよ、お気に入りのお店がある場合はお気に入りのお店に行く方が良いと思っています。例えば、安いからという理由でお店を選んだ場合には内容とマッチングしないなどの事故が起こる場合がありますし、良く知らずにフラっと入ったお店でも同じ事が起こる可能性が高いからです。ですが、そうも言っていられない場合もあるので美容室選びでやってしまいがちな2つの行動について書いてみました。

値段で決めてしまいがち

美容室に限っていうと決して美容は安いものではありませんし、そうそう高いところに行くのも気がひけるのはわかります。ですが基本的に美容って贅沢なものだと美容の仕事をしながら思っています。その中で金額ってやはりどうしても高くなってしまうわけで、1人に対して1人の施術者が担当すると、そのコストは高くなってしまいます。
そんな中で低価格な美容室がありますが、一般的な価格のお店と何がどう違うのかと言うと大きく2つだと思います。
①時間
②ホスピタリティ
この2つが価格によって変わってくると思います。
もちろんのこと、パーマ、カラーという薬剤が必要なものに関してはある程度の仕入れ値の変動がありますが、ここはそんなに大差ありません。たまに安いと粗悪なもの使ってるのでは?みたいな詮索をされる方がおられますが、粗悪なプロ製品なんて流通しておりません。

①時間
時間単価を下げるという事は基本的に早く仕上げるということです。もっと端的に言えば、手抜きをせずに手を早く動かし続ける作業になります。正直低価格の場合、細かなオーダーに対処する事が難しい場合もあります。細かく丁寧にしてほしい、こだわりがある、という方はそういうお店選びをした方が無難です。

②ホスピタリティ
低価格になると、お茶やその他サービス、会話にさく時間もなくなります。その部分を削ってコスパをあげているからです。基本的に高価格と低価格の最大の違いはここにあるのでは無いかと個人的に思っています。お客様を「もてなす」から「こなす」になってしまうのが低価格路線のお店の傾向です。どちらにせよ対応では無くしっかりとした接客がして欲しい場合は低価格は避けた方が無難です。

なんとなく選んでしまいがち

「気分的に」とか「よく分からないから」リサーチなしでなんとなく選んでみた。みたいなお店では内容が全くわからない分、非常にマッチング事故が起きやすいです。うちのお店でもいきなり飛び込みで来られるお客様もおられますが、マッチングしなさそうな場合はお断りすることもよくあります。
どんな美容師で、どんなスタイルが得意で、どんなサービスがあるのかを把握せずにいきなり美容室に行くのはかなりリスキーな行為であると言えます。こだわりがあるならなおさらです。お客様もリサーチをして気に入りそうなお店の目星をつけてから新しい美容室に向かうことをおすすめします。
ポイントとしては、スタイルにこだわりがあるならスタイル写真、その次に人にこだわりかあるならブログをやっているか、SNS発信をマメにしているか、美容師さんの人となりがわかるか、という事が美容室選びで重要な要素だと思います。だいたい、マメにされている方は何をやっても丁寧だと思いますし、ひとつの判断材料としてはいい基準になると思います。

美容室選びって

美容室選びは基本的に人と人のマッチングでもあると思います。
スタイルしかり、サービスしかり、安くない金額を払ってキレイになって気分良く帰る場所ですので、ある程度選ぶ側もそれなりの情報を収集された方が「良いお店」「いい美容師さん」と巡り会えると思います。1番おすすめしないのは上記に書いたお金で選ぶことです。金銭的に仕方ない方もおられると思いますが、そうでない場合である程度キッチリしてほしい方はあまり安売りをメインコンテンツに掲げているお店は選ばない方が良いかと思います。

まとめ

上記にような理由から、やはり美容室は気に入っているところに行った方が1番良いのですが(気に入っているなら付き合いでいくとかも極論おススメしない)そうは言っていられない場合の2パターンについて話しましたが、こちら側からも誠意ある発信をしなくてはと思っています。多分、僕らもまだまだお店に関する情報が少ないのですが6月に改装を控えているので、一気にお店の情報を流そうと思っています。お楽しみに!

The following two tabs change content below.
スパニストブロガーあっきー

スパニストブロガーあっきー

大阪在住・兵庫勤務のスパニスト 2017年より髪を切るのをやめた代わりにブロガーになりました。 SNS販促初心者向けのブログ情報・気になる美容トピック・美容師の働き方について発信中!SNSはTwitterとFacebookが主なフィールド。DMはお気軽に。