頭皮ケアは40代からマストです!(ほんとは30代からやってほしい)

こんにちは、スパニストあっきーことカワノアキヨシです

今日のお題は頭皮ケアについてです。
頭皮ケアって何すればいいのか具体的に分かりにくかったりしますが、40代に入ったら(本当は35歳くらいから)マストでやって欲しいと思っています。

具体的な頭皮ケア方法

頭皮ケアと、漠然としていますが具体的な方法としていくつかありますのでご紹介したいと思います。

頭皮ケア4項目
①正しいシャンプー方法の実践
②月一回のヘッドスパ
③頭皮用化粧水の使用
④紫外線・塩素などの外的要因ケア

以上が頭皮ケアの基本的な項目です。
実際に言い出すとキリがないので4つに絞りました。

では更に詳しく解説していきます。

頭皮ケア方法解説

①正しいシャンプー方法の実践
これは先日アップした記事に詳細が書いてますが、ざっくりと言えば
シャワーの温度、使うシャンプー、泡立たせる、マッサージシャンプー、お湯の流し方が良いかどうかです。
詳しくはこちらまで

最近また質問急増。シャンプーの最適な頻度。

2018.01.26

②月一回のヘッドスパ
ヘッドスパの効果として、頭皮環境改善が挙げられますが、月一回と書いたのには理由があります。お肌の新陳代謝、ターンオーバーが40代で個人差はありますが、1ヶ月〜45日程度と言われています。
その周期に沿ってヘッドスパをすると頭皮環境を健やかに保ちやすいからです。

③頭皮用化粧水の使用
頭皮に化粧水?とお思いかもしれませんが、全般的に言われている育毛剤の様な物で構いません。しかし、アルコールが大量に入っているものはなるべく避けた方が良いかと思います。頭皮用化粧水の使用目的としては肌の乾燥を防ぐこと、または頭皮に対して栄養成分を届けることなのですが、アルコールは油分を分解すると共に肌への刺激となりやすい為、物によっては逆効果になる可能性があります。また、お顔の化粧水ではなく頭皮に特化して作られたものの使用をオススメします。

④紫外線・塩素などの外的要因ケア
紫外線、塩素、寒さ、暑さ、乾燥など気候に左右される外的要因に頭皮は晒されています。特に紫外線と塩素が最大の敵です。頭は紫外線を浴びやすく、髪の毛で守られているとはいえ頭頂部の分け目などには直接当たってしまいます。紫外線は頭皮に対して多大なダメージを与えてしまいます。外回りの仕事の方や、レジャーなどで帽子などによる防御を怠っていると明らかに分け目部分の髪の毛が細くなっていたりします。夏などの紫外線が強い時期には帽子、日傘などで頭皮を守りましょう。また、水道に含まれる塩素により知らず知らずのうちに頭皮に負担がかかっていることがあります。アトピーや皮膚炎の原因のひとつともいわれている塩素は※塩素フィルターの設置などで簡単に防ぐことが出来ます。

※塩素フィルターはエピュールでも販売しています。

40代からの頭皮ケアの必要性

40代からは少しずつターンオーバーの周期も伸びて来ます、気をつけないと急速に変化が現れてしまうのが40代です。
しかし、しっかりとしたケアをすることで美しさを持続させることが出来るのも40代です。
そして、ケアを始めるのに遅すぎることはありません、早ければ早いに越したことはありませんが。気づいた時、モチベーションが上がった時にしっかりとケアを始めることが重要です。
正しい頭皮ケアを知らずに年齢を重ねていくことは、見ていて本当にもったいないと思います。きれいに保てるのに、もっときれいになれるのに。とケアをしていない方を見ると思ってしまいます。

今から、みなさんも頭皮ケア始めてみませんか?

The following two tabs change content below.
カ ワ ノ ア キ ヨ シ(あっきー)

カ ワ ノ ア キ ヨ シ(あっきー)

スパニスト...et PUR (エピュール)
‪西宮市 甲子園口 SPA&HAIR エピュール の スパニストあっきー こと カワノアキヨシです。‬気絶しそうなほど気持ちいいヘッドスパが得意!なんですが…ブログやSNSも得意なんです!発信に興味があるあなた!ヘッドスパ中に意識が残っていればどんどん質問してください!