アイドルソングって…実は…

こんにちは、スパニストあっきーことカワノアキヨシです!

朝晩の通勤ってみなさん何か音楽って聞いてらっしゃいますか?
僕は色々と聞きますが、結構アイドルソングを聴くことが多いです。そこでアイドルソングを色々と聞いていて思ったことがあります。

アイドルソングにおける「僕」と「私」

アイドルソングってなぜか一人称が「僕」であることが多いんですよね。AKB48は特に多い気が…有名な楽曲で言えば「フライングゲット」「ヘビーローテーション」など。逆に「恋するフォーチュンクッキー」などは「私」なんです。ですが、僕という一人称が他のグループ含めてめちゃくちゃ多い!でも一人称が僕になることにより、女の子っぽさ全開の歌から、男性も女性も共に共感出来る歌にさらっと変換されている気がします。

でも良く考えてみたら…

ですが、良く考えてみるとアイドルソングの歌詞って圧倒的に男性が書いてるんですよね!そう!男目線の歌詞をアイドルのフィルターを通して表現しているのがアイドルソングなのです!平たく言うとおっさんの書いた歌詞で狂喜乱舞してる訳です(笑)ただ、一人称が「僕」であることと、作詞が男性であることはイコールでは無く、やはり時代背景とかもあるみたいです。昔のアイドル像はどちらかと言うとそれこそ、性の対象であることの要素がとても強くあったりと言うカテゴリーだったのかも知れません。実際、山口百恵の歌とかの歌詞って今考えると10代の女の子にどんな歌詞歌わせてんの?って思いますし、おニャン子なんかもそうですよね?
ですが、今のアイドルってもっと多様化していると言うか恋愛の対象としての存在ではあるとは思いますが、男女の垣根を超えた存在であるような気がします。

色々と語ってますけど、ちなみにヲタクでは無いです僕は。それはヲタクの皆様に失礼だと思ってますので、しかしアイドルソング聴いちゃうんですよね〜。ある種の文化、音楽ジャンルとして成り立って来ているので今後も秀逸なアイドルソングがどんどん世の中に出てくることに期待しています。
では!

The following two tabs change content below.
カ ワ ノ ア キ ヨ シ(あっきー)

カ ワ ノ ア キ ヨ シ(あっきー)

スパニスト...et PUR (エピュール)
‪西宮市 甲子園口 SPA&HAIR エピュール の スパニストあっきー こと カワノアキヨシです。‬気絶しそうなほど気持ちいいヘッドスパが得意!なんですが…ブログやSNSも得意なんです!発信に興味があるあなた!ヘッドスパ中に意識が残っていればどんどん質問してください!