気の向くままに思いつきで京都旅〜下鴨神社・河合神社・京都市役所前編〜

こんにちはスパニストあっきーことカワノアキヨシです。

昨日は気の向くままに思いつきで京都旅。の続編日記です。
昨日のブログはこちら。

気の向くままに思いつきで京都旅〜東福寺・一乗寺ラーメン街道編〜

2018.02.19
一乗寺でつけ麺を食べた後、叡山電鉄に乗り込んで再び出町柳駅へ。出町柳といえばあの世界遺産の下鴨神社のある場所。
と、言うことで下鴨神社へ。予定なんぞありません。気の向くままです。

下鴨神社に参拝

さて、下鴨神社についてですが。この下鴨神社という名称は通称でして正しくは賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)といいます。
京都の自社の中でも最も古い部類に入るそうで創建が推定で崇神天皇7年、要するに紀元前90年と言われています。歴史長すぎです。

さて、下鴨神社の境内にある糺の森(ただすのもり)を歩きます。この糺の森は古来からの原生林で国の史跡にも指定されています。
この糺の森を含めて世界遺産の指定を受けているそうです。

ちなみ君が代に出てくるさざれ石がこちら。下鴨神社にあるんですね。

そして、下鴨神社の拝殿へ。

中には干支を祀った祠があり、そちらでもお参りします。ちなみに僕は子年。

と、言うことで下鴨神社へのお参りは終わりました…実は本命は別にあるのです。

僕の本命は河合神社

さて、下鴨神社境内の糺の森の中にもう一つの神社があります。それが河合神社です。

河合神社は美麗の神様として名高く、また三大随筆に数えられる鴨長明(かものちょうめい)が幼少時代を過ごした神社として伝えられています。

こちらが美人を願う鏡絵馬。

と、これは表の顔…

実は河合神社はもうひとつ裏の顔を持つと言われています。
それが、秘密結社「八咫烏」(ヤタガラス)の仮本宗(かりほんそう)という顔。

八咫烏とは古来より日本における、神道、陰陽道、宮中行事を裏で取り仕切っているとされる組織で、もとは藤原氏に対抗するために豪族の吉備真備(きびのまきび)という人物が結成したと言われています。実際に現在も存在しているそうです。
本宗とは神道用語で全ての神社の中で1番崇高な神様を祀る神社のこと、すなわち伊勢神宮です。しかし、八咫烏はこの河合神社を仮の本宗として崇めています。すなわち仮の本拠地。が、しかし仮と付いているだけあって、実は別の神社を本宗として崇めていて本拠地も別の場所であるとかいないとか…。一体、どこが八咫烏の本拠地なのでしょうか?まぁ、それがわかったら秘密じゃないですが…。
(一説には同じく京都にある蚕ノ社とも…今度行ってみよう)

と、話しが脱線しましたが、この手の都市伝説的な話しが大好きなんです!
存分に歴史ミステリーに浸ることが出来ました。

最後は気になっていたカフェへ

最後はインスタグラムなとでちょいちょい見かけていた、京都市役所近くのカフェ【ビブリオティックハロー】へ。地図アプリを頼りに京都市役所前駅9番出口を出て北へ。
どこにあるの?と思っていたら突然現れる緑が生い茂ったカフェ。

結構奥まったとこにあるにもかかわらず、カップルや女子大生のグループや、おひとり様で本を読んでいる人などで満席。僕も相席をお願いされ一番奥の八人掛けのテーブルの隅へと案内されます。隣は女子3人組でその隣ということもありなんとなーく気まずい(笑)ですが、カフェの雰囲気とコーヒーの味は抜群です。今度はランチで訪れてみたいお店。しかもこのお店、夜の12時まで空いているとのことで京都に住んでたら絶対入りびたるだろうなぁ、なんて考えておりました。

京都はやっぱり見どころいっぱい

昔から京都が好きで、学生時代は足しげく京都に通っていた時期もありました。久しぶりに京都を散策しましたがやはり、いいもんです。
全国、または全世界から多くの観光客が押し寄せる京都。大阪からも1時間以内で着くのでまたリフレッシュしに行こうと思います。

行ったところ

・下鴨神社
アクセス:京阪出町柳駅より徒歩12分

・河合神社
アクセス:下鴨神社境内 糺の森内 出町柳駅より徒歩10分

・カフェ ビブリオティックハロー
アクセス:京都市営地下鉄 京都市役所前より徒歩6分

The following two tabs change content below.
スパニストブロガーあっきー

スパニストブロガーあっきー

大阪在住・兵庫勤務のスパニスト 2017年より髪を切るのをやめた代わりにブロガーになりました。 SNS販促初心者向けのブログ情報・気になる美容トピック・美容師の働き方について発信中!SNSはTwitterとFacebookが主なフィールド。DMはお気軽に。