改装 新規出店 予定の 美容師 さんにおすすめ! タカラベルモントさんのショールーム探訪

こんにちは、スパニストブロガーあっきーことカワノアキヨシです!

先日、店舗リニューアルに伴うセット椅子の新調計画の為にタカラベルモントさんに行ったのですが、椅子の見学の後に面白いものを見せていただけました。

前回の記事はこちら

ゴッドチェア確定? めちゃくちゃくつろげそうな セット椅子 を見てきた!

2018.05.14

椅子見学を終えてさて帰ろうかと思ったら

さて見るもんも見たし帰ろうか。と思ったら1階の受付で。
「すいません今少しお時間ありますか?」と職員の方に呼び止められました。
お話を聞いてみると3階部分がモデルルームのようなフロアになっているらしく最近リニューアルしたとのこと。
そこで最新のコンセプト家具などを展示しているので是非美容師さんのご意見を頂戴したい。ということでした。

次の予定まで少々時間が空いていたのと、面白そうなので快諾し3階へ。
するとこんな感じのモデルルームが!!

こちらは半個室でついたて兼収納の家具が置いてある部屋。

この家具がコンセプト家具。
狭小テナントでワゴンや什器を極力減らして立て付けの家具を収納とワゴンの機能を兼ねることで、取り回しをコンパクトにしたサロンづくりの提案ということでした。

こちらはお客様の製品お試しルームのモデルルーム

様々な製品を店員に売り込まれることなく自由に触れることでストレスなく製品を知ることが出来るというコンセプトルーム。
実に良いですね(土地があればw)

最後にこれが個人経営や高単価サロンの究極系では?と思った部屋。

お客様の導線が一部屋で完結し、ヘッドスパの余韻を損なうことなく終始リラックスした感じで過ごせる空間になっています。

この他にも理容室のコンセプトルームなどもあり、楽しませていただけました。

最新の情報に触れて分かったことたくさん

今回、椅子にせよコンセプトモデルルームにせよいろいろと見れて感じたのは、従来の美容室の常識を打破できるのでは?ということです。
美容室経営において「テナントが狭い」「店舗の立地が悪い」「間取りが悪い」「お金がかかる」などなどネックとなる問題は多々ありますが、狭小テナントでも最低限のコストでよりリラックスできる空間を提供することも計画次第では可能であると感じることが多々ありました。鏡ひとつ取ってみても今までは「そこにあるモノ」でしたがよく考えてみると施術中以外は不要なもの。なので鏡を隠せる工夫がなされているだけでも落ち着いた空間を演出することが可能になるのです。そして狭小テナントの場合その地の利を生かしてお客様の導線を最小限に抑えることも可能で、部屋に入ってからのリラックスモードを損ねないようなサロン造りが出来たりします。
いままではネックでしかなかったことが実はアイデア次第でプラスの空間作りに活かせるというのが今回の見学で感じた率直な感想でした。

ぜひ、改装や新規出店をお考えの美容師さんは一度このTB-SQUARE(ティービースクエア)をご見学されるのもいいのではないかと思います。

広がる妄想、、、エピュール改装計画

2018.03.07
The following two tabs change content below.
スパニストブロガーあっきー

スパニストブロガーあっきー

大阪在住・兵庫勤務のスパニスト 2017年より髪を切るのをやめた代わりにブロガーになりました。 SNS販促初心者向けのブログ情報・気になる美容トピック・美容師の働き方について発信中!SNSはTwitterとFacebookが主なフィールド。DMはお気軽に。